うずまき日記

2014.10.27

JimdoJapan 5th Anniversary

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター:野崎 晃

10月25日、東京は虎ノ門ヒルズでJimdoJapan5周年の記念イベントが開かれ、参加してきました。また、参加するだけでなく、当日の運営の手伝いもさせていただきました。


イベントは、Jimdoのファウンダーの一人であるフライデル氏や、ドイツ産まれのJimdoを日本に持ってきた高畑哲平さん、Jimdoのゼネラル・マネージャーである駒井さんのセッションや、Jimdoの年間ベストページを決めるJimdoアワードなど盛りだくさんの一日でした。

セッションではJimdoのこれまでを振り返り、データから見たJimdoの今、これからのJimdoがどうなっていくのかという、過去と今と未来のお話を聞かせていただきました。


僕もJimdoに出会って5年が経ちました。振り返りでは懐かしい写真もたくさん出てきて、懐かしかった。嬉しかった。僕のこの5年は仕事もプライベートもJimdoと共にいろんな経験をしました。Jimdoに出会って本当に良かったと思います。


Webサービスのイベントに500名も集まるなんて考えてみると面白いですね、有名な芸能人がくるわけでもないITのイベントにこんなに多くの人が集まって、嬉しそう。本当に愛されているサービスなんだなって改めて思いました。

人と人をつなぐサービス

僕はJimdoに出会って人生が変わったと思います。大げさにでなく、変わりました。それは仕事の面でもプライベートの面でもすべてに影響がありました。でもJimdoが優れたサービスであるだけだったら、そうならなかったと思います。一番の宝物はJimdoというサービスを通じて、様々な人に出会えたことです。多くの人と繋がれたからこそ、人生が変わったと感じています。

サービスを利用するのは人です。提供するのも人です。Webサービスってどこか冷たいというか、提供しているのは人なのに、人を感じないことが普通だと思います。でもJimdoはWebサービスなのに人を感じます。今回のようなイベントもそうなのですが、JimdoJapanはJimdoというサービスを通じて積極的に人とのつながりを作っています。人と人の繋がりも生んでいます。だからサービスの素晴らしさだけではなく、多くの人に愛されるサービスなんだなって思います。


その人とのつながりを積極的につくる姿勢は日本からドイツに、そして世界に広がっているとファンダーのフライデルが話していました。JimdoJapanの皆さん、高畑さん、駒井さん、山本さん・・Jimdoに関わる人たちに出会って、Jimdoを通じて全国の方にお会いして、Jimdoに触れる人に出会って、人生がとても楽しくなりました。

Jimdoのこれから

Jimdoは提供開始から5年(ドイツは7年)が経ち、8月に新しいユーザーインターフェイスと新しいレイアウトを携えてリニューアルされました。このリニューアルでデザイン性が向上して良くなりました。ただレイアウトは変化が大きかったので、日本のユーザーが求めることと、提供側のズレみたいなものを感じていました。

僕は公式のJimdoCafeを任せて頂いているので、お客さまの反応をとてもダイレクトに頂きます。そのユーザーの言葉はもちろんJimdoJapanさんにお伝えしているのですが、その”ズレ”は解消されるのかJimdoはどんなスタンスでサービスを広げていくのかな・・なんて考えていたタイミングでした。

今回のイベントで駒井さんからJimdoの”これから”が語られました。そんな不安じみたものは杞憂でした。何の心配もいらない。Jimdoはこれからも人が中心のサービスなんだってことが伝わってワクワクしました。Jimdoはもっともっと多くの人に愛される良いサービスになっていくことと思います。


こんなに人と共にあるWebサービスって素敵ですよね。
Jimdoというサービスが好き。人が好き。

JimdoJapan5周年おめでとうございます。



comments powered by Disqus

関連のある記事

関連のある記事はありません
ページ先頭へ戻る